大学日本代表VS高校日本代表を観戦。大学生の圧倒的技術力とパワーに感動。

野球評論家としてデビュー

今日のわたしは、ツナグ工房の白飯社長というより、野球評論家としての意見を書きたいと思いますが、決して経験があるわけでもプロ野球選手でもなかった訳で、ただ単にいちファンとして、評論家になったつもりで書きますね。

壮行試合という名のガチンコ対決

昨日、わたしはある試合に行ってきました。


侍ジャパン大学代表vs侍ジャパン高校代表の試合。9月3日から始まる「第12回 BFA U18 アジア選手権」に向けてのエキシビジョンマッチ。いわゆる壮行試合で、大学生のレベルを感じ何かしらのプラスαになればとの試合。もちろん高校日本代表は、先日まで熱戦を繰り広げていた夏の高校野球の選手権に出場していた選手を中心に構成されております。(明徳の市川投手のみ甲子園出場していませんが選出されております)

大学生の体格とプレイを見て驚愕

高校の日本代表の練習風景を見たのちに、ベンチから出てきた大学生の体格を見て驚愕。今の高校生は以前の高校生の体格に比べ全然違うのですが、それでも大学生の体格は本当にすごかった。まさにヘラクレス状態。


大学日本代表の頓宮選手。ドラフト候補選手。とにかくデカッ!!!この捕球の仕方。そして一番びっくりしたのが練習中半ズボン。高校野球大好き社長の私でも試合前のノックなども見惚れてしまうほど。そりゃそのはず。今年の大学日本代表は今年の世界大会で優勝していますから!!

いくら甲子園を盛り上げた高校日本代表だからといって、世界を経験し勝ち上がっている大学生なので昨日の結果は仕方なかったのではないと思います。


(大学生と高校生の会話シーン。こんな一コマも生観戦ならでは。)

応援も試合も大学生が圧倒

大学側の応援は、六大学の応援団、チア、吹奏楽が混合で。高校生は関東一高が応援。私は、一塁大学側だったのでずっと見ていました。そして、大学側の応援団の人が「今日は壮行試合。勝ち負けはあまり関係ないですが、いつものように相手チームを倒せ!やむっつぶせ!という攻撃的な声はやめましょう。高校生も心の中で応援しながら、大学を応援しましょう!」といってました。すると、慶応の応援団が始まると「〇〇倒せー!」の〇〇の部分をなぜか「早稲田倒せー!」と言っていたことを考えるとやはり慶應は早稲田がライバルなんでしょうね。それでも、六大学の応援団も急造のはずが、かなりまとまってました。すごい団結力と一生懸命さで楽しかったです。

(大学の応援風景)

存在感を示す選手も登場

そんな事を言いながらも、やはり高校日本代表。3、4、5番は大阪桐蔭という。根尾選手は2安打。投げても1回だけですが0点で抑える好投。報徳学園の小園選手は、ドラフト上位候補の松本投手からホームラン。今の時期にプロ並みの選手のレベルを肌で感じれたのはいい経験になったはず。3-7というスコア以上の力の差を感じましたが、試合後の大学の監督の言葉。

 Yahoo!ニュース 
大学侍が根尾を絶賛「高橋由伸くん。ハイレベル」(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00313358-nksports-base
<U18アジア選手権壮行試合:高校日本代表3-7大学日本代表>◇28日◇神宮3発のホームラ - Yahoo!ニュース(日刊スポーツ)

大学代表の生田勉監督(亜大)は「レベルが高くて驚いた。根尾くんが第1打席でヒットを打った時の、あの乾いたパーンという音を聞いて、高橋由伸くん(現巨人監督)を思い出しました。うちの投手陣は、オランダで7試合90三振を取って、6回以降には点数を取られなかった。つまりそれだけ高校代表がハイレベルということです」と驚いていた。

それでも、こうやって対戦相手の監督が言ってくれた言葉。それだけ高校代表がハイレベルということです。この言葉につきますね。9月3日からのアジア選手権が楽しみで仕方ありません。(流石にいけないですが。)

0泊2日の強行日程

今回の東京プチ旅行ですが、前日の晩に夜行バスで行き28日の早朝到着。11時から球場に並び15時過ぎに球場内へ。試合終了後には新宿駅からの夜行バスで帰阪。40手前のおっさにはかなりキツイ旅でした。次回は新幹線にしようと心に誓いました。そして、帰ってきてから、iPhoneで撮った写真を見て、ガックシ💧

目の前が日の丸だらけ。。。全然気づかなかった。

The following two tabs change content below.
白飯社長(しろめししゃちょう)

白飯社長(しろめししゃちょう)

河内永和駅より徒歩5分。東大阪市高井田にあるツナグ工房の白飯社長こと中村雄太と申します。オリジナルブランド「tsunaglee(ツナグリー)」を立上げアクセサリーや小物などの製作、販売をしております。今秋にはkissa&zakka 「ツナグ茶房(ツナグさぼう)」をオープン予定。