この時期になると必ず話題に上るこの問題。本当にダメなことなのか???

まだまだ熱戦が繰り広げられてます。

球児の皆さんにはくれぐれも熱中症には気をつけて欲しいものですね。一部から日中は暑いから、ナイターでやったらどうかなど声も聞かれますが、気持ちもわからなくはないですが、ナイターで予選をやりだすとそれこそ連日連投しないといけなくなったり、夜中試合などになって、近隣からのクレームも殺到するでしょう。ホンマに難しい問題ですね。私も中学と高校の途中まで野球をやっていて、中学時代は大阪ベスト4までいきましたが、勝ち進むにつれて試合が続くんですよね。けれど、疲れたとかしんどいというのはなかったというのが正直なところですね。とにかく目の前の試合に勝ちたい。それだけしか考えてなかったからだと思います。だからこそ、周りの大人が気づいてあげることが大事なのかもしれません。

大阪第二代表と呼ばれた高校。

ここからは、完全に私個人の思い。イチ高校野球ファンの戯言だと思って聞いてください。この時期になると、決まって出てくる話題。野球留学、特待制度について。色々賛否両論ありますね。勝利至上主義だ!!そもそも高校野球は勝ち負けだけではない。教育の一環だ。大阪第二代表だ。県外出身者ばかりで地元の生徒がいないから応援しない!!!!!!!!!!!!

勝利至上主義???はあ??って感じですね。勝つことの喜びを教えることは悪いのか??日大のアメフト問題。勝つ為に相手に怪我をさせることは絶対にあってはならない。それこそ勝利至上主義で勝つ為には手段を選ばないから批判されても仕方ないと思いますが、別に野球の上手な子に、うちの高校で野球をしなかったら、どこの高校でもさせへんで!と脅したわけでもない。最終的には、そこで、野球をしてみたいと思ったのだからいいのではないか??それが勝利至上主義とは思わない。

以前、熊本代表校が甲子園に出た際にこんなことがありました。その学年のほとんどが、大阪のあるボーイズのチームの選手がほとんどその学校に行き、レギュラーメンバーどころか、ベンチ入りメンバーのほとんどが大阪やその周辺の生徒。3期連続甲子園に出場したが、球場では、心ない大の大人がヤジ。大阪第二代表だの、帰れだの。本当にあれはひどかった。それでも当時の主将は「最高の場所でした」と言っていたのは、あなたが最高ですよ!と賛辞を送りたかった。

16歳で親元を離れ、知らない土地で野球をする気持ち

そもそもなんですが、15歳や16歳の青年が親元を離れ全く知らない土地で、一から野球に励む。そこには怖い先輩や中学野球とは全然レベルが違う高校野球に挑戦するってことがどれだけ勇気がいることとわかってるんでしょうか。まして大の大人が、一生懸命頑張っている球児たちに「帰れ!」ってそんな言葉ありますか???もちろん、地元の選手で構成されることが一番いいのはわかりますよ。応援したくなる気持ちも。僕だってそうです。公立高校が出ているとついつい応援したくなります。けれど、同じ16から18歳の子供達に対して、地方出身者だからと言って、批判するのはおかしい。

あなたが、熱狂的な阪神ファンだとします。巨人が大嫌いで。けれど、ある日突然そっくりそのまま選手が変わったらどうします??阪神の選手に「帰れ!」って言いますか???阪神を応援しますよね!!もちろん、職業にしている選手と学生である球児とは違いがあります。学生なんで文武両道は求められているわけで。ただ関西にある阪神が大好きだから応援するんじゃないですかね。

そもそも文武両道とは

学生の本分は勉強で、スポーツだけやっていたらいいわけではない。文武両道が求められている。これは本当にそう思います。

文武両道(ぶんぶりょうどう)とは、文事と武事、学芸と武芸、その両道に努め、秀でていることを指す語。 求道的な評価にも用いられる語である。 転じて、現代では勉学と運動(スポーツ)の両面に秀でた人物に対しても用いられる。

Wikipediaより抜粋

これは、スポーツ得意な人だけに求められている言葉だと思いませんか?あの子は運動音痴だけど、勉強できるからいいか。とはなりますが、あの子は勉強はできないけど、スポーツ万能だからいいか。とはなりませんよね。もちろん得意なスポーツだけでご飯を食べれる人ってほんの一握り。だから勉強も必要だという気持ちもわからなくもないですが。

野球留学は本当に悪なの???

私はノーです。悪ではないです。そもそも悪とか正義とかないんです。純粋に勝ちたい。自分を犠牲にしてでもチームが勝てばいい。(もちろん、全ての球児がそうであるとは言い切れませんが)そんな気持ちと甲子園にこの仲間と行きたいという純粋な気持ちで3年間、おしゃれも遊びも我慢しているんだから、暖かく見守りましょうよ。自分が住んでいる地域にある学校が甲子園に出場したんであれば純粋に応援しましょうよ。大阪代表だけど出身が関東だからといって、その子が八百長するわけでもないんですから。もちろん、野球留学や特待制度を利用したブローカーが金儲けや又、大人の都合だけのためにすることは絶対ダメすよ。本人の意思で決めたことであれば、広い心で暖かく見守ってあげましょう。未来ある高校生たちが暑い暑い炎天下で頑張っているんですから。

野球は筋書きのないドラマ。

昔から言います。筋書きのないドラマ。だから面白いんです。そこに青春をかけて頑張っている球児たちがひたむきに一つのボールを追いかけているわけですから。そう考えながら見てみましょう。本当に面白いですから。いやいや9回まで長すぎて見られへんわ。って方は、夜にやっている『熱闘甲子園」これはダイジェストでやってくれるんで、よくわかるんで見やすいです。ぜひおすすめです。

途中、熱くなりすぎましたが、色々意見や考えがあっていいと僕は思います。特待制度や野球留学は反対だ。これも正解だと思います。しかし、だからと言って、甲子園に出た球児にヤジを飛ばしたり、批判したりするのはやめましょう。

 

 

The following two tabs change content below.
白飯社長(しろめししゃちょう)

白飯社長(しろめししゃちょう)

河内永和駅より徒歩5分。東大阪市高井田にあるツナグ工房の白飯社長こと中村雄太と申します。オリジナルブランド「tsunaglee(ツナグリー)」を立上げアクセサリーや小物などの製作、販売をしております。今秋にはkissa&zakka 「ツナグ茶房(ツナグさぼう)」をオープン予定。